谷口開発ブログ

*

~マンション工事データ改ざん事件、マスコミ対応に怒り心頭の巻~

      2016年1月06日

投稿者:ひろき

皆さんこんばんは、ひろき親方です。

最近大手企業によるデータ改ざん事件が相次いでいますが皆さんはどの様にご覧になられているのでしょうか?

東洋ゴムのデータ改ざんやヴォルクスワーゲンのデータ改ざん、そこへ来て、旭化成建材の杭工事データ改ざん問題が発覚し、一人の従業員の責任かと思いきや、他の従業員にも改ざんの疑いが掛けられております。

決められた工期に、工事前から決まっている販売価格から来る施工費、大手で有ればある程、その約束は破る事の出来ないルール。もし守れなかったり別途莫大な費用が掛ったとしたら、「次の仕事が回ってこないかも」なんて事が起こる訳です。今回のように思っていたより杭工事費がかさんだとしても。

マンション建築には規模が大きすぎるが故のリスクが有る訳ですが、販売価格は相場が有る訳です。相場以上の価格では売れ残ってしまう、だから、建築コストは上げるな!となる訳です。しかも、今回のマンションが建築されたのは、現在のようにマンション人気やオリンピック需要、東北の震災復興等による人件費上昇や建築資材の価格上昇のもっと前です。

でも、マンション業者全体がその様な事を行っているかのような報道がなされています。果ては建築業界全体が常習的に行っているかのような報道や、街角インタビューで一般の方から話を聞いておられますが、まっとうに工事を行っている側には、大変迷惑です。このままだと、日本の景気に関わる事態に陥るでしょう。

imageimageimage

一般住宅、特に木造2階建て住宅は、添付の写真のように、調査会社のデータを基に基礎工事をしないと10年保証の保険に加入できません。保険の加入は法律で義務となっているので、無視する事も出来ません。(姉歯事件を発端に、法改正されました)

調査内容も深さ25cmごとに地耐力を計り、支持層が何十センチ下に支持層があるのか、各ポイントごとに算出します。

杭工事を行う業者も認定を受けた業者でしか施工できませんし、杭工事があればもうかる訳ですから、杭を短くする理由がないわけです。マンションほど重量も無いので、杭工事が必要になるケースも少ないわけですけどね。

ただ、調査会社を何処に依頼するかは、大切です。信頼のおける業者とお付き合いするべきですし、専門家の意見は聞き万全の工事を行うべきであります。

旭化成建材だけではなく、大規模工事を行う業者には、プロの自覚をもって仕事に当たっていただきたい。全てはお客様のために。

 - 住宅関連